インフルエンザにはビタミンCをたっぷり摂取しよう!

冬の一番寒い時期には必ずインフルエンザが話題になります。予防接種をしたり注意したりしていてもかかってしまう場合がありますよね。インフルエンザにも風邪にもビタミンCは有効です。その中でもグレープフルーツは食べやすい果物なのではないでしょうか。かかった時でも予防にもグレープフルーツはオススメです。

*

インフルエンザの治療薬「リレンザ」を通販感覚で個人輸入する

      2016/10/23

インフルエンザは感染すると重症化しやすく、症状も重くなることが多いです。

風邪とは違い感染力の強いウイルスのため潜伏期間も1日から2日と短く、感染した人が遠くでくしゃみをした場合でもかかってしまうことがあります。インフルエンザにかかると40度近くの高熱が出て、倦怠感だけでなく関節痛、筋肉痛、咽頭痛が相次いで起こるので起きているのが辛くなります。

症状が出てから48時間以内であればリレンザやタミフルといった治療薬を使用し、症状を和らげることができますが、48時間を超えてしまうとウイルスが増えすぎてしまい薬が効きにくくなってしまいます。

リレンザを常備薬にするなら個人輸入

インフルエンザに感染すると、子供の場合は出席停止となり大人の場合も会社の規則に沿って休む必要があります。

医療機関に行き診断されないと処方されないので、つらい症状を押して病院に行かなくてはなりません。そのため万が一の時に備えて、家に常備しておきたいと考えた時や仕事に影響がある場合は、リレンザを治療薬として個人輸入しようと考えます。すでに個人輸入をされたことのある人は安心かと思いますが、初めての人は偽造などに注意をしなくてはなりません。

リレンザなどの治療薬は、通常インフルエンザと診断された場合に処方されます。

保険適用となるので費用はさほどかかりませんが、それ以外で使用する場合は自費での購入となり、高額になることがあります。

購入前に注意点は確認

また処方されるのもいくつか条件があり、家族で感染している人がまず第一条件で、その上で糖尿病や呼吸器疾患、肝機能障害、腎機能障害といった疾患がある人、65歳以上の高齢者、特別なことが控えている人に出されます。

予備や予防としては処方してもらえないことの方が多いので注意するようにしましょう。

個人輸入は代行サイトを利用すると安心

個人輸入の場合、通販感覚でリレンザを購入することができますが、その際には代行サイトを通じて買うことが多いです。

代行サイトを見る場合は、適正な価格か正規の製品か必ず厳選をし、確認をするようにしましょう。あまりにも安い価格の場合は偽物の可能性もあります。また、日本語の説明がおかしいサイトも注意が必要です。

リレンザは吸入タイプの薬のため、気管支が弱い場合や喘息といった疾患がある場合は呼吸器に影響が出る場合があります。喘息の薬を先に使用するなど配慮が必要で、副作用が全くないわけではありません。

個人輸入を利用する場合は、リスクを確認し何かあった時にはどのようにしたらよいのかもきちんと調べておくことも大切です。